生きること

このひと月の間に

ご利用者の若者2名が亡くなりました。

20数年の人生でした。

全ての人には寿命があって

短くても長くてもその人に与えられた時間と思っています。

その時間が幸せであり満足できるものであれば良い人生だったと

思えます。

障がいのある彼らは幸せだったのだろうか。

満足して生き切ったと思っているのだろうか。

そんなことをつい考えてしまいます。

「生きる」というところから見ると

障がいがあることと障がいがないことは

あまり関係のないことと感じます。

どう充実して生きることができたかが

一番大切なことと思います。

彼らが空の上で

自分の生きた時間が結構よかったと

思っていてくれたらと願っております。

良い人生の時間の一部に「あかり」での時間が

あったとしたら悲しい「さよなら」も

少しだけホッとします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。