終戦記念日

今日は終戦から77年です。

若い皆さんにとっては、歴史上の話になっていることでしょう

わたしも子どもの頃は、自分には関係のないことと思っていました。

今の方が、戦争というものを身近に感じます。

戦争は、人が人でなくなるもの

決して人を人として尊重することなどできなくなる行為です。

そして、弱者ほどその尊厳を保てなくなるものです。

そして、戦える人は殺し合いをします。

殺人を犯せば法に裁かれるのに

何人も殺せば英雄になります。

でも、その人を殺めた苦悩は一生付きまといます。

人は、言葉というものを授けられているのだから

言葉で解決すればいい。

たった一つの地球という星の上で誰もが対等です。

どの国の人も安心して暮らせる世界をつくりたいです。

日本も戦争に突き進んだ時、

たくさんの残虐な行為をしました。

その反省の基に今の私たちの暮らしがあります。

決して忘れてはいけないことなのです。

親を亡くして路頭に迷う子どもたち、子どもを亡くした多くの親たち、

ぼろぼろになった、悲しみの中、すべてを失って敗戦を迎えた77年前の

日本人の気持ちを今日は感じましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。