笑顔になれば

発達障害の子どもたちの中には

なかなか笑顔の出ない子が多くいます。

いつも失敗を繰り返す

注意されたり怒られたりすることが多い

理解できない対応から不安ばかりを抱えている

過敏な感覚でどんなことも怖くてしかたない

そんな状態でいるとしたら笑顔でいることは出来ません。

否定をせずにわかりやすい対応をして

失敗をさせずに必ず成功できるよう支えていくと

しだいに笑顔を見せてくれるようになります。

素敵な笑顔が見れたとき、ああこの子はもう大丈夫だと思います。

障がいがあったって、笑顔で毎日暮らせたら幸せです。

笑顔の周りには多く人が集まってくれて

支えあいながらの日々が送れます。

彼らの笑顔がいつも私に大きな喜びをくれます。

いずみ園の収穫 玉ねぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。