お休みの日に

あかりでは、就労施設と学園以外

夏休みはなく、みんな元気に活動しています。

私は、申し訳ないなと思いながらも

少しの間お休みをさせていただきました。

仕事についての本は読むのですが

小説というものは、ここ何年も読んでいないので

長い小説を読むことにしました。

以前から気になっていた

天童荒太さんの「悼む人」を読みました。

亡くなった方を思い記憶するという不思議な行為を

する静人さんの周りで起こることが描かれています。

どんな悪人であろうとも誰かを愛し、誰かに愛され

誰かから感謝されていたことを彼だけは忘れない存在になる。

重い内容だけれど、人とは人を愛し、愛され、感謝される存在であることを

気づかされ、そこに気づくと、また人は安心できて優しくなれるような

気持ちになりました。

この事は、障がいのあるなしにかかわらずみんなおんなじです。

出会う人や出会うことを愛しましょう。感謝しましょう。

それが、自分自身の幸せにつながります。

そんなことを感じた読書の夏休みでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。