実地指導

昨日11月21日は埼玉県福祉部監査課による実地指導が羽生の事業所

「あかり羽生」「きらめき園」「みのり園」に対して行われました。

朝9時から夕方4時半まで「あかり羽生」の相談室で書類を見ていただいたり

お話をさせていただいたりしました。

法を順守してきちんと運営していてもご指導をいただくのは緊張します。

どんなに良い支援をしていたとしても法の下の事業ですから法順守が

とても大切なことです。また法を守っていると思っていてもきちんと法を読み切るのは

難しいので、読み違いということもあります。

でも、羽生のメンバーのきちんとした運営で大きなご指摘はなく終わることができました。

「こういう書類がありますか」という問いにすぐに提出できる体制が素晴らしかったです。

ご指摘いただいた書類への記載事項など粛々と訂正してさらによい体制を

作っていきたいと思います。

利用者本位の支援と法順守の両輪で進んでいきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。