全国大会

8日・9日と「全国知的障がい児発達支援施設運営協議会」に参加してきました。

会場は千葉県の幕張でした。海と公園とマンションとホテル

整然とした街並みはとてもきれいでした。

東京ベイ幕張のホールには北海道から沖縄までの施設の方が

600人以上集まりました。

4月からの通園施設の改変で、新しい情報を仕入れたい方が多いのでしょう。

もちろん私もこれからどのように変わっていくのか

行政説明もあるので出かけて行ったのです。

厚労省のホームページや県からの知らせで知っていても

直接聞いておきたいと思うものです。

いくつかの講演の中で一番残った言葉は

それはSPELL

S・・・structure  構造・組立

P・・・positive approach 明るく積極的なかかわり

E・・・empatny  共感する

L・・・low arousal 刺激を少なく

L・・・links 福祉の中だけで完結しない。本物を知る。

あかりの支援で目指したいことと同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。