職員研修会

毎月行っている常勤ミーティング

コロナの件でみんなで話し合うのは難しいという事もあって

研修会という形で学びに特化してのミーティングが続いています。

みんな学びたいと思っている。

そして、自分の支援はこれでいいのかという

迷いの中にいることが多いのです。

学びの中から、答えを見つけたり、考えが広がったり

確信が持てたりします。

とても貴重な研修の時間が持てていることに感謝です。

12月と2月に「叱ることとほめること」についての脳のあり方にを学びました。

叱る(怒る)ことで、好転することは何ひとつないこと

人から褒められるという喜びから自分の中から湧き上がる充実感を

感じる内的報酬となること。

あかりの中でいつも否定をしないことと成功体験をしてもらって

褒めることをしていきましょうと伝え続けていることを

脳科学的に講義をしてくれました。

いつも深く学び、学んだことをわかりやすく職員研修で

伝えてくれる専門職の皆さんは素晴らしいです。

必ず、日々の支援に活かされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。