うれしいグループワーク

今月のミーティングはグループワークをしました。

各分野とも活動に参加できない人、また参加できないときに

どのように対応するかという課題で行いました。

プログラムを進めることばかりに気をとられると

そこに乗っていけない人がそのまま置かれてしまうことがあっては

大切なその方の時間を無駄にしてしまうことになります。

その方が喜び多い時間を過ごすことや、できる楽しさを感じることができません。

このミーティングをやってとてもうれしかったことは

参加できないことや困った行動をする人について

その人自身のせいやその方のご家族の問題と考える職員は

一人もいなくて、自分たちの支援の問題としてとらえて

たくさんの経験に基づく素晴らしい支援方法が発表されたことです。

困っているご本人のせいにしたら私たちにできることは

なにもありません。その方を取り巻く環境や私たちの支援の問題と考えれば

できることが見えてきます。

そこにみんなが気づいていてくれていることに感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。