FCあかり

小学生の子どもたちが

毎週水曜日に集まってくる。

白岡市にあるグランド

できたばかりのオレンジのユニホームを

身につけた姿はやる気にあふれるようです。

コーチの指示で前に後ろに体を動かす

解散も集合も声かけだけで走り出す。

障がいのある子どもたちとは

誰も思わないだろうなと感じながら

見ていました。

彼らの「できる」を信じてかかわる

コーチ陣の気持ちが通じているのでしょう。

発達障がいの子どもたちは体のバランスを

とることが難しい子どもたちが多くいます

だから、一般のスポーツクラブでは

うまく走れなかったり失敗が多くいやになって

続けられないということが多いのだと思います。

でもここなら認められ褒められ自分の体と心の

成長が自身で感じられるから楽しくできるのでしょう。

見るたびの彼らの成長と自信を持つ姿に感動させられます。

002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。