小さな子どもたち

3月から4月にかけては

幼児の子どもたちがたくさん見学に来てくれます。

お父様とお母様と一緒に事務所に来てくれるとき

どの子も何の問題もないような感じで

かわいらしい子どもたちです。

保護者の方も最初そんなにお困りでもないような感じで

お話を始められます。

でも、いろいろ話をさせていただいていると

お困りのことがどんどん出てきます。

危険がわからずに道をあるいていても走り出す。

買い物に行ってもいたずらがひどい

思いどおりにいかないと

癇癪を起したり、かみついたり

てんかん発作を持っていたり

きっと家庭の中では大変な子育てをされていることが

わかってきます。

保護者の方と離れる時間が絶対的に必要です。

保護者の方も少し余裕をもつこと。

子どもも親とではない時間を持つことで

おおきく成長します。

必要とするすべての子どもたちに

必要なサービスを届けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。